月経トラブルに効果的な命の母【悩んでいる人は試してみよう】

生理中などの問題に効果的な命の母

毎月訪れる生理ですが、人によっては生理痛が酷くなることがあります。また、ホルモンバランスによって引き起こされる、生理前に訪れる月経前症候群も人によって異なります。そんな時に効果的といわれるのが漢方の成分が処方されている命の母です。

ランキングで知ることができる生理トラブル

手
no.1

頻発月経

月経周期は1月に1回とされていますが、ホルモンバランスが不安定になると短い期間で月経が起こる事があります。その影響で貧血を起こしやすくなってしまうケースも少なくありません。思春期などによく起こるといわれています。

no.2

稀発月経

一般的な月経周期は約25日から38日とされています。その周期よりも長い場合は、稀発月経と呼ばれる症状の可能性もあります。急激なダイエットや体重増加が主な原因となります。この症状が3ヶ月以上続く場合は、産婦人科を受診しましょう。

no.3

月経前症候群

月経が始まる3日から10日前から始まるまでの間に引き起こされる不快症状を「月経前症候群」といいます。主に腹痛、頭痛、腰痛などがあげられ、重い症状になると憂鬱になったり、集中できないなどの症状もあります。

no.4

月経困難症

月経中に日常生活に支障を生じるほどの腹痛、吐き気、頭痛を伴う症状が月経困難症です。子宮が十分に発達していない思春期などに見られやすい現象ですが、年齢を重ねても変わることがない場合は、子宮に病気が隠れている可能性があります。

no.5

原発性無月経

日本人女性の初潮は、平均的に約16歳といわれています。しかし、18歳を過ぎても初潮がこない現象を「原発性無月経」と呼びます。子宮の奇形や卵巣機能の異常など、様々な原因が考えられるため、産婦人科を受診しましょう。

月経トラブルに効果的な命の母【悩んでいる人は試してみよう】

サプリを持つ人

漢方を利用することで改善できる可能性

漢方には様々な婦人病に効果的な生薬があります。生理痛や冷えの改善だけでなく、精神的なうつやイライラなどにも効果的なため、月経トラブルを改善してくれます。また、婦人病疾患に効果的な漢方が配合されている命の母と呼ばれる薬も、薬局などで販売されています。常日頃から月経トラブルに悩まされている人や症状が重いと感じた人は試してみてもいいかもしれません。

困る女性

服用の際にはきちんと用途を守ろう

命の母には、月経トラブル改善を促す漢方が処方されていますが、改善がみられないからと多く服用してしまうのは危険です。また、体質的に薬が効きやすい場合は、服用する薬の量や回数を減らしてみるのもいいかもしれません。1ヶ月飲み続けるのもいいですが、月経予定の約10日前から始まるまでの間に飲み、そのペースで3ヶ月間使用して効果を確かめてみましょう。改善がみられない場合は、別の病気の可能性が出てきます。

症状がひどい時は産婦人科へ足を運ぼう

漢方などを利用して症状が軽くなることはあっても、服用しなければまた酷くなるといった際には産婦人科を受診しましょう。婦人病疾患はとてもデリケートな問題になります。早めに対処した方がいいので、一度専門医に診てもらうことで改善策を見つけることができます。

広告募集中