意外と気になってしまうワキガ

汗をかいてしまうとどうしても気になってしまうワキガは、人によると臭いがきついことがあります。その大きな原因が、ワキの毛穴に詰まってしまった汚れといわれています。また、強く擦ってしまうと皮膚を傷付け、乾燥を引き起こして更に汗を分泌させてしまうという悪循環に陥ります。正しいワキガ対策を調べてみましょう。

ワキガ対策に効果的な方法をランキング

困る女性
no.1

正しい洗浄方法で洗う

ワキは他の皮膚と違い、とても弱く傷つきやすいです。そのため、ゴシゴシと洗ってしまうとすぐに傷ができてしまいます。また、毛穴の中にたまった汚れを落とすためには、毛穴を広げる必要もあります。顔を洗う要領で、毛穴を意識させ、細かな泡で洗ってあげるのがいいでしょう。

no.2

臭いケアグッズを利用する

綺麗にワキを洗っていてもやはり汗をかいてしまうと気になってしまいます。そんな時は臭いケアグッズを使用しましょう。多くの臭いケアグッズは乾燥を抑えるための保湿成分も含まれており、殺菌や消臭効果もあります。朝と夜の2回で利用することで、効果が発揮されます。

no.3

衣類のケアを行う

ワキの臭いは衣類にも移ってしまいます。そのため、きちんとした衣類対策もおこなう必要があります。昼間などはどうしても汗をかいてしまうので、こまめに汗を拭きましょう。また、拭いた後にはワキガ対策クリームを使用するといいかもしれません。衣類には消臭剤を利用するといいかもしれませんが、におい付きはワキガとの相性が悪く、さらに臭いをきつくさせる恐れがあります。

no.4

食事などで体内から改善させる

ワキガは体臭が原因ともされています。そのため、食事などに気をつけることで改善ができます。また、お酒やタバコなども体臭をきつくさせてしまう原因とされています。野菜や果物などをしっかり取り、脂分の少ない食事を心がけることが、ワキガ改善にも繋がります。

no.5

病院で診察を受ける

様々なワキガ対策を行ったが改善できなかった場合は、一度病院へ行ってみましょう。現在ワキガは治療で改善できるものといわれています。また、外科手術などのメスを入れる治療ではなく、音波などを利用した治療方法も確立されています。

膣内洗浄やワキガ予防は間違った方法を取ると悪影響をもたらす!?

女性たち

洗浄方法を間違えてしまうと逆効果

体は意外とデリケートな部分が多くあります。そのため、これで大丈夫と思っていた洗浄方法が、状態を悪化させている原因になることも少なくありません。また、膣内洗浄などは洗浄方法を間違ってしまったために、トラブルにつながってしまう事も少なくありません。そういったデリケート部分をきちんと理解して、正しい方法を模索してみましょう。

ウーマン

デリケートな部分だからこそ慎重に

女性の体で一番デリケートといわれているのが膣内です。そのため、膣内洗浄も慎重にしなくてはいけません。生活用水などはどうしても含まれている成分で膣内を傷付けてしまう可能性があり、また必要以上に洗浄することで膣内に必要なオリモノを洗い流してしまい、大量に分泌させてしまう原因にも繋がります。

正しい膣内洗浄の流れを知ろう

ウーマン

手をきれいに洗う

膣内洗浄には使い捨てビデなどのグッズを使用しましょう。また、デリケートな部分の洗浄になる上、使うグッズが大きめのため、細菌がつかないようにきちんと手を洗いましょう。

挿入口を設置しゆっくり挿入

ボトルの蓋を開けたらその口に挿入口を設置します。この時先端を落としてしまうことがあるため、注意しましょう。設置することができればゆっくりと膣内へ挿入していきます。精製水を多く使うため、お風呂やトイレでおこなうといいかもしれません。

一気に膣内洗浄を行う

根本まで挿入することができれば、ボトルを一気に押します。軽く押すとチョロチョロとしか出てきませんので、十分な洗浄をおこなうことができません。また、ボトルの中に水が残ってしまうこともありますが、1cm程残るのが正しい使い方です。

布などでゆっくりと拭き取る

洗浄後は膣内に精製水が入っている状態なので、力を込めたりすると出てきてしまいます。そのまま下着を身につけるとビシャビシャになってしまうので、布でゆっくり拭き取ったり、ナプキンを当てておくといいでしょう。また、膣内洗浄後に入浴することで、全て流れ出してしまうのもいいかもしれません。

[PR]
膣内洗浄の申し込み
ケア方法を調べておこう

[PR]
命の母の効果をチェック!
健康で生きたいなら押さえておこう。

広告募集中